ドライタイプ

病気の猫用のキャットフード

猫も、人間と同じで、生活していれば体調不良を起こします。
恐ろしい病気にならなくても、風邪をひいたり、ちょっと体にトラブルを抱えることは、ほぼすべての動物に当てはまることです。
それは、肥満などの生活習慣からくるものや、ストレス性の心因性のもの、あるいは、膀胱炎や風邪など、予期せぬときに何らかの病気にかかることがあります。

そういった場合に、病院を受診することになりますが、医師から食事療法などの指導を受けることがあります。
その際に、市販では売っていないキャットフードを処方され、いつものキャットフードに混ぜて与えることがあります。
そうした治療の一環としてのキャットフードがあることをご存知でしたか?

たとえば、肝臓などに負担がかかっているせいで、食欲が落ちた猫には、ビタミン豊富で軽めの優しい食事、また、排泄に問題がある猫には、食物繊維などでコントロールするための食事、肥満の場合は、カロリーの吸収を抑える食事、それぞれの症状に特化したキャットフードがあるのです。
習慣で毛をなめ続けてしまう猫に関しては、毛玉を抑えるためのキャットフードなどもあります。
一般には、市販のキャットフードよりも値段が高い場合が多いので、それを与え続けることが難しいご家庭もあるでしょう。

費用を抑えるために、市販のものと上手に組み合わせて、毎日の食事療法をしているご家庭が多いと聞きます。
また、意識しなければならないのは、病気の猫には、普通の食欲があるとは限りません。
状態をよく観察しながら、食事を噛む気力のない場合などには、スプーンで与えてあげる工夫も必要ですし、噛めない場合は、ペーストして喉まで運んであげることも必要です。
そうした、病気の特性に応じて猫も体調や食欲に変化がありますので、意思に従ってふさわしい食事をさせてあげてくださいね。
万一、病気になったら、まずは体質や状態をよく理解できる獣医の指示のもと、猫の回復を願いつつ、安全な食事方法を取ってあげましょう。

また、病気ではないけれど肥満になった猫は病気になりやすくなってしまいますので、ダイエットさせる必要があります。
食事を減らしてお散歩させたりと犬のようにはできないので、今までのキャットフードをダイエット用のキャットフードに変更してみてください。
同じ量を食べてもカロリーが抑えられますので愛猫にストレスなく減量することができます。


猫ではなく犬を飼っている方も多くいて、愛犬が太ってしまい困っている飼い主さんもいると思います。
愛犬用のカロリーを抑えたドッグフードも売っていますので、猫と同じように普段のドッグフードから変更してみてはいかがでしょうか?
また、獣医がおすすめしているドッグフードもありますので、成犬になった時点で推奨されているドッグフードをあげても良いと思います。
ただ、市販のドッグフードに比べて高くなりますので、あまり負担にならないドッグフードを食べ続けさせてあげるのが一番でしょう。

▼病気の犬用のドッグフードはこちらで紹介されています。



このページの先頭へ