ドライタイプ

キャットフードの品質について

キャットフードの品質については、様々な角度から議論があります。
まず、品質のかなめとなる、原材料についてです。
パッケージに成分表を表示することが義務づけられて結構たちますが、それでも正確な情報を記載しているキャットフードは一部のみだとか。

中でも、表記を「肉」としていても、それに使用している肉の状態によって品質がだいぶことなってくることがあるのだそうです。
たとえば、「肉・ミート」という表記がされている中でも、実際に使用している肉は、肉の部分を取り除いた、内臓や骨格、皮、舌などの部位を粉砕して混ぜ込んでいる場合があります。
これは問題がありません。

しかし、中には、肉の部位には入らない、肝臓や脳、血液、胃腸などの部位が混ぜ込まれている場合があります。
こうした肉は、実は成分上では「肉副産物ミート」などと書かれることが多く、比較的価格も安いことが特徴です。
肉副産物ミートと書かれると、単に、こうした部位なんだな、と考えることができるならば問題はありませんが、恐ろしいのは、粗悪品が含まれているかどうかです。

たとえば、肉副産物ミートであっても、健康体で新鮮なうちに粉砕されたものであれば問題ありません。
しかし、その動物がもしがんや細胞の病気をもっている場合でも、混ぜ込まれる場合もあるようなのです。
また、交通事故死した動物がそのまま使用される場合もあるとのことです。

そういった場合、愛猫に与えるには相応しいかどうか、考えるべきことかもしれません。
このように、成分記載上のからくりなどもありますので、成分が品質に大きくかかわってくることが分かりますね。
アメリカなど、ペットフードが人間の食品と同じように考えられている国では、国の機関で品質をチェックする機能があったりと、ペット先進国ならではの工夫があります。

アメリカでは、製造法、成分、品質を監査する「AAFCOアメリカ飼料検査官協会」という機関があり、それをクリアした商品が市場に並びます。
そのため品質をはじめとした安全性や規制を確保する意味で、アメリカはかなり進んでいるといえます。
そうした観点からいえば、アメリカ製のキャットフードは安心度が高いといえそうですね。

犬種や高齢になると、体が弱ってくるので普通のドッグフードではなく、サポートしてくれる成分が多く含まれているタイプのドッグフードをあげなくてはなりません。
足腰が弱ってきた犬には関節をサポートしてくれるドッグフードを、心臓などの内臓系が弱ってきた犬には心臓や腎臓サポートしてくれる成分が含まれたドッグフードに変えましょう。
足りていない栄養分を補給できるドッグフードを栄養補完食http://www.poslovna-edukacija.net/というらしいので、愛犬がいつもと様子がおかしいなと思った時は、動物病院へ行き原因がわかったら栄養補完食に変えてあげると良いでしょう。

このページの先頭へ