ドライタイプ

キャットフードに使われている副産物粉って?

愛猫のために安全なキャットフードを選んであげることは、飼い主の大切な仕事です。
キャットフードには、保存のための添加物が含まれていますが、それ以外にも実は「副産物粉」というものがあります。
この「副産物粉」は、人間が食べられない動物の血や内臓、糞尿、皮膚などが含まれてしまっているものです。

動物のこうした部分を粉砕して含まれているもの副産物粉ですが、粉末状になった段階が問題だと言われています。
新鮮な状態で粉末になった場合には問題ありませんが、その状態が腐敗してからであれば、腐った肉が入っている場合もあることが否めないのです。
その状態までは、パッケージに記載はされていません。

実際には、ペットフードにも具体的な記載を義務付けていますが、「肉類」とまとめられてしまっていることがままあるのです。
特に、「肉・ミート」の記載の場合は、どんな上質な肉を使っているのか、粗悪品を使っているのか、そこまでわかることは少ないのです。
肉の中にも、処理された動物から「肉部分」を取り除いて、骨格や舌、内臓などを粉砕しているものを、肉ではなく「肉副産物・ミート副産物」と表記することがあります。

それらの肉に付帯している血管、神経、脳、毛、歯などは含まれていないといわれています。
その中にどんな粗悪品が含まれているかについても議論があります。
粗悪品の場合、たとえば死亡した動物の死骸などが使用されることがあるということ。

極端な話、道路などで交通事故に遭遇した動物の死体や、病死した動物の死骸を使っていることもあるのだとか。
また、人工的に、成長促進剤などの薬品を大量使用し、自然な発達に相応しくない成長をした動物を使っていることも可能性としてはありえます。
肉以外の内臓を使用する場合には、組織や細胞を使用することになるので、そうした細胞にがんや腫瘍などの病気を持っている場合もあります。
こうした動物の肉以外の部分は、固形のままであれば見た目でわかるものの、粉砕してしまえば分かりませんよね。
このように、不衛生な肉や、腐敗や病気などの動物肉を使っていることがあるということがあるのです。

犬用のドッグフードに含まれている成分についてはこちらのサイトに詳しく載っています。
キャットフードと同じようにあまりにも安いドッグフードには不衛生な肉や、腐敗や病気などの動物肉が使われている可能性があるそうです。

▼愛犬のことを考えた良いドッグフードの選び方はこちら

このページの先頭へ