ドライタイプ

ねこの年齢でキャットフードは違う?

猫は、人間同様に食事によって赤ちゃんから大人になるまでに骨や歯を発達されなければならないし、逆に年老いればカロリーの少ない負担のない食事が必要になってきます。
このように、猫の発達段階に応じて、キャットフードは種類が豊富に開発されています。

たとえば、生後を基準として、生後4週間までは固形は難しいのでミルクが推奨されます。

キャットフードの種類分けは主に、生後半年~一年までの子猫用のキャットフード
そして生後一年以降の成猫になってからのキャットフード
そして生後8年~10年ほどの老猫用のキャットフードなど
年齢によって分かれているのが一般的です。

よくパッケージには「キトン用」「成猫用」「シニア用」などの書かれ方がされていることがありますね。
赤ちゃん子猫に必要案栄養素として、エネルギーが必要です。

そのため、子猫用のキャットフードには、高カロリーなものが多く、運動量を増やしてくれるような工夫がされています。
もし、離乳食から子供用のフードに切り替えるときは、ミルクと混ぜてミルクの香りを残し、自然にキャットフードを口にする習慣を作ってあげましょう。
歯の発達は食事と共にしていくので、最初は噛むことに慣れていなくて食事を諦めてしまう猫もいますが、味に惹かれて、そのうちカリカリと食事をするようになっていきます。

成猫になってしまえば、あとは健康維持のためのキャットフードをセレクトしてください。
ドライ、ウェットを選べるようになります。
食欲場最も盛んな時期なので、量を調整できるように大きなドライフードの袋で購入するご家庭が多いようです。
ドライフードのほうが、偏りも少ないと言われます。

ドライフードとウェットフードそれぞれの特徴がhttp://xn--nck1bpe3d4d0i.tv/に載っています。
どちらのタイプが良いのかは愛猫によって異なりますので、愛猫に合わせたキャットフードを選んであげるようにしましょう。

また、生後8年という、長い年月を生きてきた猫には、病気のリスクが当然ともなってきます。
そのため、食事管理がもっとも重要な時期です。

また、老猫は食欲の面でも若いころと比較すると減っており、エサへの食いつきが異なってきます。
そのため、食べやすい味や食欲をそそる味に仕上げていることが多いのです。
食べたものを消費することも、運動量の少なくなった老猫には大変なので、分解もしやすいものになっています。
このように、一つの目安ですが年齢の段階によってキャットフードは区切られているのです。
切り替えも、必要なころあいが分かると思いますので、こうした成分を勉強して、
長生きできる食事をさせてあげましょう。

このページの先頭へ