ドライタイプ

穀物を全く含まないキャットフード

キャットフードは、いまやかなりの種類や銘柄であふれていて、その素材もほぼ変わらないものが流通しています。
しかし、厳密には、同じ成分が記載されていても、実際は悪質な肉や粗悪品であることがあります。
粗悪品とは、一般に人間が食用にはできないような、穀物、たとえば基準をこえた農薬を含んだ穀物や食用にするには古すぎるものなどです。

こうした食材を混ぜ込むことによってコストダウンさせるという製造元が意外に多いことが問題になっています。
こうしたものは、アメリカなどでは、国の飼料監査機関によってしっかり検収されているため表面化しませんが、そうでない場合もあり、こうした粗悪品が取引されている国はたくさんあります。
でも、一般的には、こうした粗悪な食材は除いて、穀物を使っているキャットフードは主流と言えます。

国内、海外問わず、有名メーカーでも、ベースをトウモロコシ、コメなどの穀物を使って、そこに肉類やビタミン、ミネラルの栄養素を付加しているとういケースがほとんどなんです。
ですので、純粋に穀物が悪いものであるとは言い切れません。
たとえ魚と書いてあってもキャットフードの魚副産物には注意が必要です。
ただ、特定商品取引法にのっとって、生産、輸入されている商品でも、成分まで細かく監査されていない場合があります。

一方で、穀物などを全く含まない副産物の含有率が極端に少ない商品も生産されています。
こうしたものを「自然派ブランド」とよんでおり、多くは人間が食するものと同様の品質を担保する原材料、管理をほどこしているものがあります。
穀物を全く含まない有名なブランドのことを「ヒューマングレード」と呼んでいるほどです。

これらは、いくつか有名メーカーがありますが、こうしたものも、他の市販のキャットフードと同様にインターネット通販で入手することが容易になりました。
猫の健康を第一に考えた時、人間の健康と同様に考えることが大切と言われるようになりました。
このようなペット社会に対応して、今後も穀物を使用していない品質のキャットフードがたくさん開発されるかもしれませんね。

原材料や品質にこだわったドッグフードはこちらで紹介されています。
犬の寿命は人間より短いので、健康で長生きしてもらうためにも愛犬に良い栄養分がたっぷりと含まれているドッグフードを選んであげましょう。
栄養価が高く国産の天然素材で作られているドッグフードなんかもあるそうです。

このページの先頭へ