ドライタイプ

ドッグフードとキャットフードの違い

ペットフードは、いまやスーパーやホームセンターたくさんの銘柄や種類を見ることができますよね。
猫にはキャットフード、犬にはドッグフードと、分かれていますが、動物によって種類が分かれているということは、その中身にも当然違いがあるものです。
では、その違いについて調べてみました。

その秘密は、生態系の違い、つまり体の組織にありました。
猫は、犬と比較すると、かなり多くの栄養素を必要とする繊細な動物なのです。
猫は、多くのビタミンを必要とします。

また、ナイアシンという、本来ビタミンB群である成分を猫は体内で合成することができません。
また、人間もそうですが、通常βカロテンは摂取すると体内でビタミンに形を変えるのですが、猫にはその機能がありません。
さらに、狩猟動物とはいえ、猫は特に視力もいいわけではないので、その視力や目の健康を維持するためにもタウリンなどの成分が欠かせません。

このため、食事から摂取する方法が最も良いとされ、キャットフードには、ドッグフードよりもこうした成分が多めに含まれています。
おまけに、猫は嗜好性が高く、蛋白質の多いものを好むので、ドッグフードの味の薄さでは満足ができない猫が多いようです。
ドッグフードは、これほどまでに栄養素を多く含んでいるわけではなく、味も比較的薄めにできています。

それは、犬が健康を維持するためにはエネルギーをはじめとする肉類を中心に作られているからで、キャットフードがメインとする魚などの蛋白質は含まれていません。
キャットフードは、概して、ドッグフードに含まれる成分の4倍ほどの栄養価が含まれています。
そのため、味も濃厚になるというのも納得できますよね。

時たま、キャットフードを好んで食べる犬がいるという話も聞きます。
これは、このキャットフードの味の良さを象徴している現象といえるでしょう。
一度キャットフードを食した犬は、その味の濃さと美味しさに、これまでのドッグフードを食べなくなってしまうということも起こりうるそうです。
逆に、猫がドッグフードを食べ続けた場合、栄養不足で体調不良をおこすというリスクも指摘されています。
猫には猫の、犬には犬の食事方法を続けることが大切なんですね。

こちらにはドッグフードに含まれている成分と必要な栄養素についてのサイトがあります。
愛犬にも人間と同じように気を使う飼い主さんが増えてきて、原材料の素材や産地にこだわる方や
原料が無添加のオーガニックフードを好む方が増えている傾向にあるそうです。
また、中には毎日手作りのドッグフードをあげている飼い主さんもいます。
体が弱いワンちゃんや、アレルギーがひどいワンちゃんを飼っている方は安全な食品だけをあげるため手作りにしているそうです。
愛犬に嬉しい手作りのドッグフードの作り方はこちらに載っていますので参考にしてみると良いでしょう。

このページの先頭へ